新光国際百貨  会社案內

       新光国際百貨店は台湾新光国際と IDG資本(中国)と 共同出資して設立しました。現在新光国際百貨店は南京、無錫と南通に店舗を持ち、北京、上海、長沙、成都等にも大型ショッピングモールを出店する予定、上質な百貨店づくりに推進しています。

新光国际百货公司

 

       新光国際百貨は優れた人材選抜と効率管理体制に基づき、店舗経営と企画経験豊富なチームを持ち、今常に二十数名な台湾籍幹部が中国に駐在し、中國市場における事業の開發と管理を行っています。

 

       又、経営チームは現有ブランド以外にもショップの出店や商品通路、企業イメージなど全面的に判断し、最新なブランドを厳選して投入するため、ショッピングモール及び百貨店の項目計画、人事構成と運営システムなど各方面によい結果に導かれました。

 

       台湾百貨店の経営方針を生かした優秀な経営チームと厳密な管理体制プラスIDG資本(中国)が持つ資金や人脈で、新光国際百貨店が台湾新光国際グループ一貫良好な企業イメージを承継し、さらに競争力がある企業に発展させました。

新光国際百貨

新光国際百貨新光国際百貨 風格と特色

新光国際百貨店       新光国際百貨は主に大型ショッピングモール(各店舗面積10万㎡以上)を展開、豊富な品揃えと華奢な内装設計をはじめ、親身なサービスと文芸空間が一体化に融合し、他にない新光国際百貨店だけの風格と特色を作り上げます。

 

       新光国際百貨は台湾新光国際グループの経営理念と特質を引き継ぎ、各店舗が出店する前に厳密な商業項目を考察し、各種のマーケティング調査からベストな市場ポジションを定め、完全な設備と出店戦略を実施し、各新光分店がクオリティの高い百貨店に成り立たせます。

 

       ショッピングモールにはLV、CHANEL、GUCCIなどの高級ブランドや映画館、レストラン、ゲームセーター以外にも、VIPルーム、お子様用トイレ、試着室、子供遊び場、授乳室、医務室、裾上げサービス、食品売り場やインフォメーションセンターなどの施設が完備し、新光国際百貨店は“食衣住行”を含む全方位のショッピングモールを目指しています。また、館内に芸術文化セーターを設置し、定期的に文芸活動や展覧会を行い、お客様が来店する際に、展覧会や芸術観賞にも楽しめます。

 

  

新光国際百貨店       現在、百貨店及びショッピングモールはただ商品を販売している時代ではありません。新光国際百貨は上質な文芸空間と憩い場所を提供し、来店する様々なお客様が気軽るに必要な文化空間を選んで頂き、我々は消費者に対してブランドやショッピングモールだけを提供するではなく、質のある生活を提供しています。

 

       新光国際百貨店は新たな消費者ニーズを満足させ、地域の文化活動を推進し、都市生活の品質を上昇させます。華奢かつ優美、文芸を重視して情熱のある上質な百貨店つくりを目指し、顧客が来られる際、何時でも新鮮な感じで憩いのあるショッピング空間を提供します。

 

 

新光グループ新光グループ会社概要

Shin Kong Life Tower    1945年 吳火獅、洪萬傳、林登山らによって新光商行を創設、1952年台湾新光実業会社に拡大編成し、後に現在の新光クループまで発展、台湾五大企業グループの一つに至りました。

 

    新光グループは吳、 洪、 林 三大家族共に企業グループの運営を主導、二十数個様々な分野での事業を展開しています。

 

    Taipei101に次いで、台湾で2番目に高いビル「Shin Kong Life Tower」です。 竣工は1993年、設計は郭茂林(Kaku Morin)氏です。台北駅前という好立地、低層部は百貨店の三越が店舗を構えています。地上51階、244mの高さです。周辺には他の超高層ビルが見当たらないので、台北駅周辺を歩いていれば必ず目に入ってきます。

 

    2009年 新光グループは上場企業が8社、親会社が25社をはじめ、支、子会社を含め118社の企業を持ち、総資産額が12,000億元新臺幣を超え、総従業員数が約10萬人います。

 

グループ関連事業

グループ関連事業

 

回首页